ホーム学校生活と行事在校生・卒業生のメッセージ

学校生活と行事

在校生・卒業生のメッセージ

在校生のメッセージ

学ぶ喜び
2年  水谷 優季(伊万里商業高校)
 私は幼い頃から歯科医院に通っていました、そこで見た歯科衛生士さんの姿がとてもかっこよく、中学生の頃から歯科衛生士になりたいと思うようになりました。
 高校生になっても夢は変わらず、福岡の学校に行くと決めていたので本校のオープンキャンパスに参加しました。まず立地の良さに驚き、次に先輩方の仲の良さ、先生方との雰囲気や、メリハリのある空気にとても魅力を感じ、入学を決めました。
 入学してからは、新しい友達がたくさんでき、毎日が本当に充実しています。やはり学校で学ぶ3年間の最終目標は、「国家資格」を取ることなので勉強は大変です。専門用語や専門的な知識を学んでいくことは、最初は未知でついていけるか不安でしたが、これが歯科衛生士として働くときに役に立つと考えると楽しく学ぶことができます。
 これからもっと勉強や実習、大変な事があると思いますが、48期生みんなで支え合い、全員が国家試験に合格して立派な歯科衛生士になれるように頑張っていきたいです。
歯科衛生士という夢に向かって
2年  山野 莉沙(新宮高校)
 私が歯科衛生士という仕事に興味を持ったきっかけは、歯科衛生士をしている叔母に勧められたことでした。それから知り合いの歯科衛生士さんに話を聞いたり、調べたりしているうちに歯科衛生士がとても安定した職業で、今特に必要とされているということを知り、とても魅力を感じました。そして、オープンキャンパスに参加し、充実した設備とカリキュラム、学校内の明るい雰囲気に惹かれてこの学校に行きたいと思いました。
 実際に入学してみると、思っていた以上に勉強は大変ですし、1年生の後半から始まる実習も、慣れないことの連続できついこともありました。しかし、それでも頑張れたのは、先生方の熱心なご指導とクラスの仲の良い、明るい雰囲気のおかげだと思います。また、講義などで実際に働いている歯科衛生士さんのお話を聞けることもとても良い刺激になり、とても充実した毎日を過ごせています。
2年生になると、実習が増えて、今まで以上に大変になると思いますが、歯科衛生士という夢に向かって一生懸命頑張りたいと思います。
母に憧れて
3年  梶原 妃那(柏陵高校)
 私が歯科衛生士になろうと思ったきっかけは母でした。歯科衛生士である母に、幼いころから歯磨きや予防処置、歯石をとってもらったりと、てきぱき働く姿に憧れました。また、結婚や出産などで退職した場合でも再就職が可能で、一生働ける職業だと聞き、とても魅力を感じました。
 そして、オープンキャンパスに参加した際に、先生や先輩方の明るい雰囲気や楽しそうに話をしてくださる姿を見て、この学校に行きたいと思いました。
 入学してからは、専門的な知識を学ぶ講義や相互実習など大変なことも多いですが、本校は体育大会や、研修旅行など行事もたくさんあるので、充実した学校生活を送ることができています。
 また、九州大学病院や個人歯科医院での臨床実習で、学校では学べないことをたくさん学ぶことができ、とてもためになりました。
 今年は国家試験があり、実習と勉強の両立は大変だと思いますが、47期生全員で合格できるように、みんなで支え合って頑張りたいと思います。
素敵な歯科衛生士になれるように
3年  田中 小弓(大宰府高校)
 私が歯科衛生士になろうと思ったのは、高校の時に通っていた歯科医院の歯科衛生士さんがきっかけでした。当時進路に悩んでいましたが、その衛生士さんのイキイキとした姿がとても素敵で、私もそんな歯科衛生士になりたいと思い、本校に入学しました。
 入学してからは思った以上に勉強も大変ですし、実習ばかりできついこともたくさんありました。しかし、臨床実習はとても勉強になることばかりでした。心身ともに鍛えられ、学校での勉強や実習で学んだことがとても役立ちました。
 学生生活も残り1年となりました。勉強は正直、本当に大変です。けれども、先生方やクラスメイトに支えられ、少しずつ成長できています。本校は遊ぶ時と勉強する時のメリハリがあり、楽しい行事がたくさんあります。すべての行事に全力で取り組み、思い出に残る学生生活にしたいと思います。
 47期生全員で卒業し、みんなが素敵な歯科衛生士になれるように、国家試験合格に向けて、協力し、支え合いながら臨んで行きたいと思います。

卒業生のメッセージ

新米ママ衛生士として頑張っています
聖マリア病院 小児歯科勤務  神﨑 あゆみさん
(2013年度卒業 第43期生)

 仕事もしたい、ひとりの女性として結婚や出産を経ても輝いていたい、そんな想いで志した歯科衛生士の道。在学中に第一子を授かり、学業や実習との両立に不安もありましたが、先生方や実習病院の皆さん、43期生の仲間たち、家族に支えられ、臨月の大きなお腹で国家試験も卒業式も迎えることができました。そして無事に元気な赤ちゃんを出産しました。
 現在私は総合病院の小児歯科で、外来患者さんの歯科治療、全身麻酔下手術、入院患者さんの口腔ケア等に携わっています。総合病院の歯科は、重篤な疾患を有し、さまざまな薬剤を服用している方も受診されるので、安全に歯科治療を受けていただけるよう医科・歯科連携を密にとることが重要です。知識や技術の不足を痛感する毎日ですが、患者さんの状態を把握し、ご家族の方とも十分にコミュニケーションをとりながら、歯科治療を通じて全身の健康に寄与できるよう努力しています。一歳前から保育園に通っている息子も今では歩くようになり、歯も6本出てきました。生えたての真っ白な歯を守っていけるよう、ママとしても頑張ります。
『口は命の入口 心の出口』
中富研介歯科医院勤務  有川 貴美子さん
(2012年度卒業 第42期生)

 むし歯もなく、歯医者に通院したことのなかった私が、何故歯科衛生士に憧れ、志したのか。それは歯科衛生士である母の存在があったからでした。
 幼い頃から仕上げ磨きや歯石を取ってもらったりと、口腔内の健康を守ってくれた母にはとても感謝しているし、患者さんだけでなく、自分の大切な人の健康づくりのサポートを身近でできる素敵な職業だと思いました。
 『口は命の入り口 心の出口』実習でお世話になった先生からかけていただいたこの言葉が、今も心に残っています。命の入り口である口の健康を守ることができるのは、歯科衛生士です。
 一般歯科に勤務して4年。まだまだ技術も知識も足りず、戸惑ったり悔しい思いをすることも多いですが、患者さんとの会話を通じて、元気や仕事のやりがいを与えられているなあと感じています。これからもキラキラ輝く歯科衛生士になれるよう頑張りたいと思います。
小児歯科でのやりがい
小児歯科柏木医院勤務  石橋 雅子さん(旧姓:山本 雅子)
(2003年度卒業 第34期生)

 小児歯科で勤務して12年になります。最初は「歯科医院=痛い、怖い」のイメージをもって泣いていた子供たちが、定期健診に通ってくるうちに「はいしゃさん大好き!」に変わっていった時には、とても嬉しくやりがいを感じます。子供たちの成長ぶりをみれるのも小児歯科ならではの楽しみで、おかげで毎日がとても新鮮です。
 普段は診療補助や予防処置を主に行っていますが、年に数回、幼稚園や公民館などでブラッシング指導・講演を行うという地域の歯科保健活動にも積極的に参加させてもらっています。
 子供の頃に経験した記憶は、大人になっても必ず引き継がれます。  これからも小児歯科を通して、一人でも多くの方に、歯を大切にする習慣を持っていただけるよう努めていきたいです。
好きな仕事が出来る幸せ
きし哲也歯科医院勤務  鳥居 奈穂美さん(旧姓:今泉 奈穂美)
(1985年度卒業 第16期生 フリーランス)

 「『歯科衛生士』という職業があるんだけど専門学校に行ってみないか。」小学校から矯正治療をしてくださった大学病院の先生からの言葉がきっかけとなり、これまで経験してきた歯科治療に対する痛みや悩みが役に立てばとこの仕事を選び数十年。患者さんから「痛くなくなった。」「美味しく食事ができるようになった。」「ありがとう。」と目と目を合わせて言っていただく度に自分自身も喜びや元気をもらっていることを実感しています。フリーランスになってたくさんの方々と出会い、好きな仕事が出来ることに感謝する日々。ある日、娘が「ママがず~っとお仕事できるように歯医者さんの先生になる!」と嬉しいことを言ってくれました。
患者さんの健康に直接貢献できる素晴らしい仕事
豊嶋歯科・矯正歯科勤務  中野 亜紀さん
(2011年度卒業 第41期生)

 歯科衛生士になって約6年が経ちます。卒業して数年は特に技術力をあげるため、本を読んで知識を増やしたり、先生方からたくさんのことを教えて頂いたりと、とにかくあっという間でした。
 口腔環境が全身の健康と密接に関連していることから、最近は歯周病と全身疾患などとの関わりについても興味を持っています。様々な疾病を予防するという意味でも口腔ケアは大変重要になります。働き始めた当初と比べて、患者さんのお口の中の状態について直接アドバイスやサポートさせて頂くことで、患者さんの健康に寄与出来ていると実感しています。
 歯科衛生士は患者さんの健康に直接貢献できるやりがいのある素晴らしい仕事です。
歯科衛生士の重要さ
杉本歯科医院勤務  野口 有花さん
(2014年度卒業 第44期生)

 歯科衛生士になり2年。働き始めは自分にできることを必死にこなしていく毎日でした。その毎日の積み重ねと学生時代に学んだことを復習し、ようやく周りを見て、先を読んで行動できるようになりました。そして自分に余裕も出てきました。
 最近は、8020運動を気にかけ、1本でも多く歯を残そうと思っている患者さんが増えてきました。
 そこでわたしたち歯科衛生士が実際に口の中を見て、患者さんにどのような口腔ケアや保健指導をすべきか考え、サポートしていくことが重要になってきます。うまく伝わらず悔しい思いをすることもありますが、さまざまな症例に目を向け日々勉強です。
 歯の大切さをしっかり伝え、1人ひとりの歯を守っていけるような歯科衛生士へと成長していきたいです。
Page Top